毎日信用の増減を見れる日証金速報と簡単な判断方法とは

日証金速報とは

証券会社が株を貸し借りする会社が日本証券金融株式会社であり、その数量を毎日更新しているのが日証金速報というわけです。

一般的な信用情報は、証券会社のも含め全てで更新は週1回のみです。
日証金速報は、日本証券金融のみで更新は毎日されます。

数量の大・小と更新が週1回か毎日の違いだけですが、短期売買する人には毎日更新される信用情報はとても重要なので活用しましょう。

日証金速報データーはサイトからダウンロードができますが、見にくいのでこちらのサイトがお勧めです。

買残と売残の他、逆日歩、規制、残高チャート、過去約2年間のデーターが見れます。さらに、アクセスランキングもあり今注目されている銘柄が分かるのも便利です。

日証金速報とチャートの簡単な判断方法

3668 コロプラ例

コロプラの直近日証金速報

大きな変化は、9/1から売り残りが激減し株不足が解消され逆日歩が無くなりました。そして貸借倍率は1倍以上になっています。売残が半減し買残は少し増えています。

チャートで見ると、材料が出て大幅ギャップアップからスタートしています。
空売り保有者はこの上昇に耐えきれず損切りになったと判断できるわけです。

空売りが減ったと同時に、買いも増えて逆転していて逆日歩も無くなったので、今度は上がりにくく高値付近であるため下げやすいと判断できます。

※一つの例ですので全てに当てはまるわけではありません。

気になった銘柄があればチェックして精度アップにお役立てください。

これまで得た経験全てを取り入れた一目で判断できる株チャート設定方法を無料で配布します。



これまで株商材等々で学んだ経験を全て取り入れたチャート設定マニュアルです。
特にチャート重視で短期売買している方にお勧めです。

ただのチャート設定マニュアルですが、同じ設定にすることで
チャートの見え方が劇的に変わり、これだけでも有料の価値あります。

コメントを残す