株トレーダー初心者さんがトレードする前に準備することとは?

無料の株管理アプリ『マイトレード』
複雑な取引も自動で集計してチャートに表示、複数の証券口座と自動連携、まとめて管理・分析・グラフ化、自動で株式取引を記録し、分析・グラフ化、メール・プッシュ通知でお知らせ

IPO投資のスケジュール管理ならIPO手帳
証券会社(主幹事、幹事)別に需要申告や抽選結果の状況を簡単管理できます。


【余剰資金を準備】

余剰資金とは、当面必要ないお金で、万が一無くなっても困らない金額です。
500万円貯蓄あるならその数%の額など

ではどのくらいの資金が必要か

現物で取引する際は、銘柄ごとに提示された金額が必要になります。
例えば、100株で3,000円の銘柄なら、30万の購入代金が必要です。

少ない資金でも取引する方法はあります。

それは、信用取引。信用取引では手持ち資金の約3倍まで取引可能です。
50万の資金があれば、約150万円分まで取引が可能です。

参考例
50万の資金を入れると信用建余力が出てきます。
SBI証券の場合、信用建余力 1,515,151円となります。

sbi

2013年1月1日からは、信用規制が緩和されたことで同じ信用枠で、1日に何度でも売買が可能になりました。

この規制緩和により、月数千万稼ぐディトレーダーが激増したようです。

【株口座を開く】

株を始めるには証券会社に口座を開かないと始まりません。
証券会社は、多くあり迷うと思いますので、その中でも最初に口座開設したほうがいい業者を紹介します。

1、クリック証券
スーパーはっちゅう君と言う便利なチャートソフトが使えます。
手数料は最少クラスで、チャート分析とデイトレトレード用に使っている証券会社です。

2、SBI証券
HYPER SBIと言う便利なソフトが使えます。
PTSも使え、スイングトレード用に使っている証券会社です。

3、カブドットコム証券
kabuステーションと言う便利なソフトが使えます。
ランキングによる銘柄選別と材料・ニュース等確認に使用している証券会社です。

最初はこの3社だけで十分でしょう。

【投資スタイルを決める】

主に、ファンダメンタルズ分析テクニカル分析に分けられます。

ファンダメンタルズ分析は、企業の業績や財務などを分析し売買します。
テクニカル分析は、チャート分析による売買です。

私は、テクニカル分析による売買でトレードしています。

テクニカル分析では、スキャルピング、デイトレード、スイング
自分の生活に合った投資スタイルを決めないといけません。

他に順張り、逆張り、ブレイクアウトの分類に分けられます。
それぞれの解説は、検索エンジンで検索すれば出てきます。

どれが自分に合っているかは、実際に試してみないと判断できませんので、
一通り試してみて決めてください。

株で勝てるようになったその方法や経験談発信中!無料メルマガ登録・解除いつでも可能!


これまで100万以上のFX・株・日経225商材を購入や、有料の投資顧問や高額セミナー、無料ではツイッター、ブログ、メルマガなど数々検証してきて、やっと勝てるようになったその方法や経験談を紹介していきます。ブログで書けない株情報などを発信中です。

本音で書くので、時には読んで気分を害することがあるかもしれません。その時は遠慮なく解除しちゃってくださいね。いつでも解除は可能です。

このメルマガの購読料はブログ運営終了まで無料!

コメントを残す