株トレーダー初心者さんがトレードする前に準備することとは?

【余剰資金を準備】

余剰資金とは、当面必要ないお金で、万が一無くなっても困らない金額です。
500万円貯蓄あるならその数%の額など

ではどのくらいの資金が必要か

現物で取引する際は、銘柄ごとに提示された金額が必要になります。
例えば、100株で3,000円の銘柄なら、30万の購入代金が必要です。

少ない資金でも取引する方法はあります。

それは、信用取引。信用取引では手持ち資金の約3倍まで取引可能です。
50万の資金があれば、約150万円分まで取引が可能です。

参考例
50万の資金を入れると信用建余力が出てきます。
SBI証券の場合、信用建余力 1,515,151円となります。

sbi

2013年1月1日からは、信用規制が緩和されたことで同じ信用枠で、1日に何度でも売買が可能になりました。

この規制緩和により、月数千万稼ぐディトレーダーが激増したようです。

【株口座を開く】

株を始めるには証券会社に口座を開かないと始まりません。
証券会社は、多くあり迷うと思いますので、その中でも最初に口座開設したほうがいい業者を紹介します。

1、クリック証券
スーパーはっちゅう君と言う便利なチャートソフトが使えます。
手数料は最少クラスで、チャート分析とデイトレトレード用に使っている証券会社です。

2、SBI証券
HYPER SBIと言う便利なソフトが使えます。
PTSも使え、スイングトレード用に使っている証券会社です。

3、カブドットコム証券
kabuステーションと言う便利なソフトが使えます。
ランキングによる銘柄選別と材料・ニュース等確認に使用している証券会社です。

最初はこの3社だけで十分でしょう。

【投資スタイルを決める】

主に、ファンダメンタルズ分析テクニカル分析に分けられます。

ファンダメンタルズ分析は、企業の業績や財務などを分析し売買します。
テクニカル分析は、チャート分析による売買です。

私は、テクニカル分析による売買でトレードしています。

テクニカル分析では、スキャルピング、デイトレード、スイング
自分の生活に合った投資スタイルを決めないといけません。

他に順張り、逆張り、ブレイクアウトの分類に分けられます。
それぞれの解説は、検索エンジンで検索すれば出てきます。

どれが自分に合っているかは、実際に試してみないと判断できませんので、
一通り試してみて決めてください。

これまで得た経験全てを取り入れた一目で判断できる株チャート設定方法を無料で配布します。



これまで株商材等々で学んだ経験を全て取り入れたチャート設定マニュアルです。
特にチャート重視で短期売買している方にお勧めです。

ただのチャート設定マニュアルですが、同じ設定にすることで
チャートの見え方が劇的に変わり、これだけでも有料の価値あります。

コメントを残す