1株から買える[ SBI証券単元未満株(S株) ]の使い方と注意点とは

こんにちは! KOL(@chartistzero)です。

SBI証券には、単元未満株(S株)というのがあります。 この単元未満株を使えば、通常100株や1000株からしか買えない銘柄でも、1株から買うことができます。

場中注文できないとかデメリットもありますが、最低購入金額が高すぎる場合は、とても便利なので使い方と注意点を説明します。




SBI証券単元未満株の使い方

単元未満株の注文方法は、SBI証券サイト上からのみとなります。

ツールのHYPER SBIからは注文できません。
それと、取引できるのは現物のみです。信用取引はできません。

■取引手順

上部メニューの取引から


注文入力で単元株から単元未満株に変更する。

単元未満株に変更したら、銘柄コードと買う枚数を記入し、同意にチェックすれば
注文できます。枚数は1から入力可能です。

注文と同時に買うわけではないので、間違ったら注文後に取り消すこともできます。

あの人気の銘柄も安く買え配当も貰えちゃう!

誰もが知っている人気の会社と言えば、任天堂じゃないでしょうか しかし、任天堂を買おうと思っても4万以上します。100株単位なので、最低430万円以上じゃないと買えません。

でも、単元未満株なら1株から買えるので4万円台から購入できます。さらに通常と同じように、配当が保有株数に応じて貰えるので、長期保有もメリットがあります。

SBI証券単元未満株の注意点

注文時間と購入タイミング

注文は24時間いつでも可能ですが、時間帯で前場始値か後場始値になるので注意してください。

10:30~21:30までは、翌日前場始値
21:30~10:30までは、後場始値

前場11:00に売りたいと思っても、翌日前場始値でしか売れません。 場中の売りたい価格に近付けたい場合は、10:30までに価格をチェックして、後場始値で売れば1時間の誤差で済みます。

単元未満株から単元株に変更

単元株100株単位の銘柄で、単元未満株にて半分50株買ったとします。 1株単位なので売る時も1株づつ売れますが、さらに50株追加すると合計100株となり、自動で単元株に変更されてしまいます。

そうなると、1株づつ分けて売ることができなくなってしまいます。 でも単元株に変更されれば、通常と同じなので場中好きな時に売ることができます。

単元未満株にて分けて売りたい時は、100株単位の銘柄なら99株までにする
場中好きな時に売りたい時は、単元株と同数まで単元未満株にて買う

このようにしてください。













【2018最新版】これまで得た経験全てを取り入れた一目で判断できる株チャート

4つの画面で一目でどの方向に動きやすいのか判断できるオリジナルの組み合わせになります。個別銘柄の短期・中期・長期や、日経や指数で地合い予想も簡単にできるようになるので是非ご利用ください。