【注目銘柄】7192メタップス QRコード決済pring(プリン)大注目!誰もが使うアプリになるのか?

こんにちは! KOL(@chartistzero)です。

コード:6172
社名:メタップス(metaps)
URL:http://www.metaps.com/
事業概要:オンライン決済、ビッグデータ融資、データソリューション、アドソリューション、タイムバンク、民泊

当情報を利用し発生したいかなる損失、損害について一切の責任を負いかねます。
最終的な判断は、自己責任のもとご利用ください。




直近の関連ニュース

2018年2月23日:ウォレット決済アプリpringへのチャージを三井住友銀行口座で開始
2018年2月27日:三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行QRコード決済に参入報道
2018年3月08日:pring(プリン)をリリース
2018年3月15日:福島で行われるpring(プリン)の実証実験採用
2018年5月16日:三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行がメタップスのスマホ決済システムを活用することで合意報道
2018年5月17日:前日の報道に関して「具体的に決定した事実はございません」と否定IR
2018年5月23日:三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行がQRコードの規格を統一することで合意したと報道

期待できる材料や思惑は?

2月から、ウォレット決済アプリ(QRコード決済)pring(プリン)に関するニュースで
一色となっていました。5月からは、さらに思惑が強くなり株価が上昇しています。

現時点では、三井住友・三菱UFJ・みずほ銀行が、QRコード決済の規格を統一する報道はあるものの、pringシステムを使うとの正式発表はないので思惑の段階ですが、6~7月には、福島でみずほ銀行と東邦銀行共同で実証実験が行われるのは確かです。東邦銀行のサイトでは書かれています。

まだ使えるところが限られているQRコード決済は、あまり普及していませんが、大手銀行や地方銀行の規格統一ならほとんどの店舗で使えるようになり、LINEのように誰もが使うアプリになるわけですから、業績に与える影響は大きいのは分かりますね。

QRコード決済アプリはすでにあります。 では何が違うのか

pring(プリン)の魅力は、銀行口座と連動しており、チャージをすると自動的に登録した銀行口座から引き落とされ支払うことができます。例えるなら、デビットカードのようなものです。同じQRコード決済アプリの楽天ペイは、クレジットカードを登録しないと使えません。その場で引き落としではなので後でまとめて請求がきます。

デビットカードかクレジットカードかの違いだけですが、この方式だと子供でも気軽に使える可能性があります。子供でも使えるアプリにしないと、普及はしにくいというのもあると思います。

2019年度の実用化を目指すとあるので、6~7月の福島実証実験以降、提携銀行の増加が見込めるので、pring(プリン)システムが正式に決まれば、さらにメタップスの株価は急騰する可能性があると予想しています。

新たな大手銀行の提携等々下がる要因はないと思います。

KOLチャートでの分析

上場したのは2015年8月で、この時は公募割れの初値3040円でした。上場来の最安値は901円、高値は4740円。2月マザーズ指数大暴落時の最安値は、1900円でこの安値は上場直後の安値でもあります。

日足では去年10月ぶりに雲を突破!
突破してくると流れが変わり、上昇トレンドが続きやすくなることが多くあります。

現在の株価3400円台は、公募価格付近で中間位置にあり、まだまだ十分上昇余地はあると判断しています。













未来予想 [ メルマガ読者限定 ]
日経・マザーズ・ジャスダック・2部・NYダウ・ドル円


メールマガジン購読者さん限定で、毎週日経・マザーズ・ジャスダック・2部・NYダウ・ドル円の予想をしています。※パスワードはメルマガに記載しています。