マネックストレーダーは5分、30分、1時間足で数ヶ月分見れる

マネックストレーダーでは、5分、30分、1時間足で数ヶ月分見れます。

株でいつも使っているツールは、クリック証券のスーパーはっちゅう君です。 信用取引が500万まで100円と手数料が激安なのと ツールの使いやすさで外せない証券会社です。

しかし、スーパーはっちゅう君の欠点は、1時間足等僅かな期間しか過去のチャートが見れないこと。これでは後で検証しようにもできません。

そこで同じように設定でき、尚且つ数ヶ月分の 過去チャートが見れるツールをご紹介します。 それは、マネックス証券の新マネックストレーダー

クリック証券と表示できるテクニカル指標は違いますが、表示方法等々はほぼ同じです。




マネックストレーダー初期表示はこちら

スーパーはっちゅう君と違い背景色は黒ですが、好きな色に変えられます。 同じく白背景で表示可能です。

それぞれの時間足をどの期間まで表示できるかの比較

■クリック証券のスーパーはっちゅう君
1分足:10日間
5分足:10日間
30分足:10日間
1時間足:10日間
日足:約12年2ヶ月
週足:約16年5ヶ月
月足:約19年5ヶ月

■マネックス証券の新マネックストレーダー
1分足:17日間
5分足:3ヶ月3週間
30分足:約9カ月
1時間足:約9カ月
日足:約20年4カ月
週足:約25年8カ月
月足:約25年8カ月

1分足、日足、週足、月足はそれほど違いはありませんが、いずれもスーパー発注君より長く表示できます。

大きく違うのが、5分足、30分足、1時間足 5分足は7.5倍、30分足、1時間足は18倍もの差があります。 私は1時間足をよく使うので、9カ月分表示されるのはとても助かります。

ちなみに他には、松井証券のネットストック・ハイスピードもありますが、スーパー発注君と大差ありません。

1分足:12日間、5分足:12日間、30分足:12日間、1時間足:12日間、全ての証券会社を確認したわけではないので、マネックス証券が一番長い期間表示されるかは分かりません。

30分、1時間足は9ヶ月分もあれば十分だと思います。 IPOでもマネックス証券は必須証券会社です。  













【2018最新版】これまで得た経験全てを取り入れた一目で判断できる株チャート

4つの画面で一目でどの方向に動きやすいのか判断できるオリジナルの組み合わせになります。個別銘柄の短期・中期・長期や、日経や指数で地合い予想も簡単にできるようになるので是非ご利用ください。