[株の発注方法]成行買い、成行売りをする時ってどんな時?実践方法とは

こんにちは! KOL(@chartistzero)です。

株の発注方法には、[成行買い・成行売り]というのがあります。
いくらでもいいから買いたい、売りたい時に指定します。

誰でも知っていることなので説明は不要だと思いますが、使いどきが間違っている人が多くいますので、私が実践している方法と、絶対やってはいけない例をご紹介いたします。




実践している成行買い・成行売り

・買いポジション中に悪材料が出た時

買いポジション中に、利食い・損切り条件が揃わなくても、途中で悪材料が出たら、
迷わず成行売りで処分しています。

今年あったのが、7752リコー


2018/2/22に、「最大1000億円の減損を検討」が報じられ、大幅ギャップダウン気配になっていました。利食い条件は揃っていませんが、成行売りで処分しています。
含み益が増えてきた最中だったので、腹は立ちましたが仕方ありません。

その後一時戻る場面もありましたが、下げ続けたので正解でしたね。

では、戻してきた時決済させればいいだろうと思うかもしれませんが、それは結果論であり、戻らずさらに下げ続けることもよくあります。なので、戻すかどうかを予想することは困難だと思います。

空売りポジション保有中に、好材料が出た場合も同じです。好材料が出た後一気に急騰することもよくあるので、空売り保有している場合は、決済したほうがいいでしょう。


・大幅に値上がりしやすい材料とチャート位置

業務提携など突発的な材料が出ることはよくあります。その材料を分析して、十分上昇余地がある時は成行買いしています。

noteで出した6620宮越ホールディングス


20184/20に出た「道路用地等の譲渡価格査定作業始まる」で、直近の高値を間違いなく超えてくると確信があり、成行買いしさらに翌日始値でも成行買いしました。

材料だけではなくチャートの位置が重要です。上昇余地があるかどうか


成行買い・成行売りするときは、この2つのパターンのみです。
これら以外は、指値や逆指値を使用しています。

絶対やってはいけない成行買い・成行売り

・日経影響による寄りギャップアップ・ギャップダウン時

夜日経が急落すると、翌日寄りで全体ギャップダウンから始まることがあります。
その時成行売りは絶対してはいけません。

何の根拠がないのに、日経が急落しただけで寄りで成り売りを出す人は、
間違いなく負け組の素人です。

日経が急騰し、ギャップアップした時の成り買いも同じです。

今年寄りで買った、4406新日本理化

2018/2/6 前日夜に日経が大暴落しました。当然全体ギャップダウン気配で、4406新日本理化を寄りで買い、大きな利益になった銘柄です。

さらに翌日には、大幅ギャップダウンで始まり、2/5の終値付近まで戻しています。
絶対やってはいけない成行売りの結果がこれです。

日経急落でのギャップダウンでは、このパターンになる確率が高いです。

多数が売りと判断したら買い、多数が買いと判断したら売り

このように判断しないといけませんので、日経が急落したから成行売り、日経が急騰したから成行買いでは一生勝つことができません。


・チャートの位置が高い材料での成行買い

業務提携など好材料が出た時、大幅ギャップアップから始まることはよくあります。 その時、明らかにチャートの位置が高いのに、材料だけで成行買いしてしまう人がよくいます。

例:3908コラボス

連続ストップ高から、翌日寄りギャップアップで成行買いはどうみても無謀ですよね。
でもいるからギャップアップになるんです。

実践している成行買いとの違い分かるでしょうか

〇 2018/4/23,24 6620宮越ホールディングス
× 2018/1/24 3908コラボス

この違いを見分けることができると、正しい成行買いができます。












未来予想 [ メルマガ読者限定 ] 日経・NYダウ・ドル円


メールマガジン購読者さん限定で、毎週日経・NYダウ・ドル円の予想をしています。※パスワードはメルマガに記載